FC2ブログ

Top Menu

 <「コンサル思考」は、あらゆる場面で効果を発揮します。>
 コンサルティング思考(以下、コンサル思考)は、ビジネスはもちろん、プライベートなどあらゆる場面で効果を発揮します。
 コンサル思考とは、最善のアプローチの仕方のことです。
 1つのゴールに向かって、いかに最善の「アプローチ(道)」で辿り着くか。
 アプローチが悪ければ、ゴールにすら辿り着けません。
 最善のアプローチであれば、最短で最高のゴールに辿り着くことができます。

a0002_011007.jpg
※本ブログには、過去のSEや資格取得の記事も掲載しております。


     ⭐️オススメ記事
      ・伝送交換の最速解説      ・法規の最速解説

ノートパソコンのアイコン素材3 ◆技術情報
     ⇒ネットワーク      サーバ        ビジネスツール
      ・スイッチング      ・VMware        ・実務逆引き
      ・ルーティング      ・WindowsServer     ・効率化ツール/アイテム
      ・機器情報         ・LinuxServer
      ・ケーブル         ・DBServer
                    ・ストレージ

ランニングアイコン1 ◆ライフハック
     問題解決       スピードアップ    ダイエット/健康増進
                              ・成長ホルモン
  

最後にもう一度謝ると感じが良い。

先日、ある飲み屋さんを予約しました。
ただ、仕事でトラブルが発生し、飲み屋さんには行けなくなったのでキャンセルの電話をしました。
(自分)●日の19時に予約してる者ですが。
(店員さん)19時いっぱいで予約できないです。
※電波が悪いこともあってか、店員さんが予約を入れる電話と勘違いしたようです。
(自分)いや、●日の19時で予約してる者です。
(店員さん)本当にその日は予約がいっぱいで、早い時間しか予約できません。
(自分)ですから、予約してる者です。
(店員さん)あ、失礼いたしました!ご予約済みのお客様ですね。
(自分)はい、●日の19時で予約してる●ですが、都合悪くなったので、すいませんがキャンセルさせてください。
(店員さん)キャンセル畏まりました。またのご利用お待ちしております。
最初に聞き間違えてしまって、大変失礼しました。
実際、一度謝ってるので二度謝らなくて良いのですが、この最後にもう一度、謝ってくれたのがとても感じが良かったです。
ぜひ、またこのお店を利用したいと思いました。

実行力。(書籍:橋下徹さん)

橋下徹さんは、最も尊敬する一人です。
38歳にして、大阪府知事。確実な実績を上げて、そして大阪市長。

最近、コンサル思考関連の本を読むことが多いですが、
この本には、コンサルタントを一例に出しています。
コンサルにはさまざまなフレームワークやメソッドがありますが、
橋下徹さんは自分なりの持論を多く持っており、コンサルタントに欠けている点を指摘し、
限りなく結果を出すポイントだけ考える。

その中には、橋下徹さん流の人間関係の対応の仕方もあり、
橋下徹さんとしては意外にも友達が多いわけでもなく、仲間といろいろプライベートで交流を図ることは少ないようです。

まずは、仕事で結果を出す。
ビジネスなので、仕事で結果も出さない友好関係だけは意味が無い、という考え方です。

また、大阪府という、大規模組織で反発する人も多い状況の中、
大勢の人の意識を一気に変えてしまう方法が印象的でした!

内容が気になる方は、ぜひ、この本を読んでみてください。
あらゆる分野のビジネスマンが参考になる本です。


相手の夢を叶えるのが、自分の夢。(ドラマ:パーフェクトワールド)

今シーズンのドラマは当たりが多いです。
障害者を題材にした純愛ドラマ「パーフェクトワールド」。
※以下、ネタバレになります。
障害者で車椅子生活を送っている主人公は、健常者である彼女の人生を不幸にしたく無いと、自ら別れを告げます。
そんなとき、とある別の奥さんが進行性の病気を患っており、障害者で寝たきりの生活を送っています。
夫は大金を払って、妻が望んでいた二人の家を買おうとしてました。
でも、奥さんは夫の人生を不幸にしたく無いと思い、別れを告げようとします。そんなとき、夫はこう言いました。
「俺の夢は、妻であるお前の夢を叶えることなんだ。俺の人生の唯一の夢を奪おうとするなよ!」
このときたまたま一緒にいた主人公の彼女は、この話を聞いて走り出します。(以降は、未放映)
「相手の夢を叶えることが、自分の夢」と想える関係は素敵ですね。

答えが無いと感じる課題でも、現在の最善の解決策が導き出せる。

以前の紹介した「thinknote」。
家などで集中して、これを使うとより、強力な破壊力を発揮します。

「うんうん」と頭の中でずーーっと考えても答えが出なそうな問題・課題でも
このthinknoteを「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」に従って使うと、
たいてい最善の答えを導き出せます。

こないだも家族で、答えが無いようなある課題について話していて、事柄がたくさんある中で、
それぞれを列挙して分類し、そこからの1つの共通項があることに気付き、
1つの答えを導き出せました。
thinknoteに書き始めてから、15分くらいで1つの答えにたどり着きました。

その他、仕事でも、thinknoteにいろいろ書きだしてみると、案外いいアイデアが出やすいです。
これは使ってみないと分かりませんが、thinknoteはいろいろな問題・課題を解決する
最強のソリューションです。
※筋トレと同じくらい最強のソリューションです。

FC2-Counter (Since 2013/8)