FC2ブログ

Top Menu

 <「コンサル思考」は、あらゆる場面で効果を発揮します。>
 コンサルティング思考(以下、コンサル思考)は、ビジネスはもちろん、プライベートなどあらゆる場面で効果を発揮します。
 コンサル思考とは、最善のアプローチの仕方のことです。
 1つのゴールに向かって、いかに最善の「アプローチ(道)」で辿り着くか。
 アプローチが悪ければ、ゴールにすら辿り着けません。
 最善のアプローチであれば、最短で最高のゴールに辿り着くことができます。

a0002_011007.jpg
※本ブログには、過去のSEや資格取得の記事も掲載しております。


     ⭐️オススメ記事
      ・伝送交換の最速解説      ・法規の最速解説

ノートパソコンのアイコン素材3 ◆技術情報
     ⇒ネットワーク      サーバ        ビジネスツール
      ・スイッチング      ・VMware        ・実務逆引き
      ・ルーティング      ・WindowsServer     ・効率化ツール/アイテム
      ・機器情報         ・LinuxServer
      ・ケーブル         ・DBServer
                    ・ストレージ

ランニングアイコン1 ◆ライフハック
     問題解決       スピードアップ    ダイエット/健康増進
                              ・成長ホルモン
  

2019年はプライベート時間を捻出。そのために、まずは月半分は定時退社。

2018年は、ハードは仕事が多く、仕事三昧の年でした。
仕事があるというのはありがたいことですが、反面、
家庭への影響、プラスアルファの仕事、自己啓発が皆無でした。

現場の仕事が忙しいというのは、仕方ないかもしれませんが、
突発的な作業、メンバーフォロー、慢性的な残業などが主な長時間労働の原因ですが、
結局は、タスク管理、課題管理不足に尽きることがわかりました。

プロジェクト全体のタスク・課題があり、チーム、個人、メンバーへと枝分かれしていきます。
突発作業というのは、プロジェクト・チームのタスク管理、課題管理ができていないので、
必要になった時に降りかかってきます。
メンバーフォローは、メンバーの適切な能力把握をせず、メンバーのタスク・課題管理ができていないため、
メンバーがミスした際に後々自分でやり直し等の作業が降りかかってきます。
慢性的な残業は、プロジェクト・チーム・メンバー・自分のタスク・課題管理ができていないため、
「とりあえず今日できるところまでやろう」という感覚から生まれてきます。

逆に、しっかり全体のタスク・課題管理ができていれば、
「今日はここまでやれば、早く帰っても大丈夫」というのがわかります。

2019年は、家庭やプラスアルファの仕事、自己啓発関連のプライベートの時間を捻出するために、
まずは月の半分は、定時退社を目指します。

1日の設計書を書くことで、時間が短縮される。

毎日、1日が始まる前に、その日のタイムスケジュールとタスクを設計書のごとく書いています。
この事前作業はだいたい15分くらいかけてます。
元々予定している大きなタスク、
TODOリストに入れてる細かいタスクを時間軸に書いて行きます。
一見、地味な作業でアナログ作業が
一日の密度と達成度を劇的に高めてくれます。
年度末で忙しいですぎ、忙しい時ほど、計画が大切だととても感じます。
時間を有効に使いたいと思ってる方は試してみてください(^^)

被災から復興し、活気が溢れていた。(日本三景:宮城 松島)

1460187563472.jpg KIMG0950.jpg スクリーンショット_041716_045313_PM KIMG0947.jpg KIMG0940.jpg 

被災後、初めて宮城の松島に行ってきました(^^)
花見満開の週だったので、若干、観光客は少な目ではありましたが、
ほとんどの店が営業再開していたし、外国人含め、観光客でにぎわってました。

被災後も、みんなで頑張ろうという熱意が地域の人から伝わってきました。







心の生活習慣を変える。(心的改变生活习惯)

a0960_001841.jpg 


 心の生活習慣を変える。


心的改变生活习惯。
xīn de ( dí ) gǎi biàn shēng húo xí guàn

毎日の小さな生活習慣の繰り返しが、慢性的な病気を作り、また良い心の状態を作る。
(ニーチェの言葉)

自分の発している言葉、そしてそれを受け取ってる人。
小さな言葉、行動の積み重ねは確実の自分と周りに無意識に影響を与えている。
人間の脳は、簡単にだまされ、影響されやすい特性を持っている。
ならば、それを良い方向に利用しようと考えですね。


運行状況は、お客様・運営側が、「Win Win」になる。

スクリーンショット_013116_080523_PM  


ディズニーリゾートは、以前、どこのアトラクションも行列というイメージがありました。
お客様は長時間並んでストレスが溜まり、スタッフ側も仕方がないということでストレスが溜まります。

そんな悪循環を打破したのが、スマホで見れる「アトラクションの運行状況」です。
ディズニーの公式サイトで確認できますが、位置情報確認されていて、ディズニーリゾート内でしか閲覧できません。

しかし、この運行状況は、良くできています。
「このアトラクションは2時間待ちだけど、こっちのアトラクションは10分待ちだからこっちに行こう」
というように、効率的に楽しめます。

結果、お客様もスタッフ側にもメリットがある素晴らしいシステムです。
このように、ちょっとした工夫で、お互いにWin-Winになれる仕組みを考えるのは、どこでも大切ですね。

a0002_006520.jpg



「食べログ」アプリのランキング機能が、意外に便利すぎる。

 食事の店を探すときは、「食べログ」をよく利用してます。
http://tabelog.com/

この「食べログ」の便利なところは、下記2点です。
①ランキング順に並べることができて、瞬時に良いお店を探せること。(有料:月300円)
 ※しかも、個人認証しているので、ランキングの信ぴょう性が高い。
②「行った」「行きたい」店をマイページで登録でき、細かいメモも記録できること。

①は、たいしたことなさそうですが、東京などお店が多いところに住んでいると、最大の効果を発揮します。
なぜなら、世の中にはいろんなお店があり、残念なお店や、本当に美味しいお店があるので、
同じ値段で行くなら、美味しいお店の方がいいですよね。
使ってみるとわかりますが、外食が多い方なら、月300円の価値はあると思います。
ランキングが高く、評価「3.5点」以上のお店は、美味しいお店の可能性が高いです。

「現在地・駅・地域」×「食事のジャンル」や、
「予算」「食事目的(接待・友達・デート)」「個室」「喫煙」など詳細条件検索ももちろんできます。


スクリーンショット_092715_064534_PM

FC2-Counter (Since 2013/8)