FC2ブログ

「卓上カレンダー」と「手帳」が1つに。(ロジカルダイアリー リングタイプ)

手帳は数年ぶりに変えました。

IT業界で働いているので、「手帳は使わず、予定も全てIT管理」と思われがちですが、
打合せや記念日など絶対に間違えてはいけないものは手帳にもしっかり書くようにしています。
予定ツールで、実は日付が間違っていたなんてことは絶対にあってはいけません。

なので、あらゆるタスク管理は、ITツールを利用しますが、上記のように手帳にも書きます。
以前は、手帳にも細かいスケジュールを書いていましたが、ルーチンワークやタスクが多い場合、
やはりITツールで管理したほうがはるかに便利です。

また、仕事をしていると今日が何日か、どの日が予定が空いているかなど、
パッとカレンダーを見たい時が1日の中でけっこうあります。
そのため、今までは卓上カレンダーも別に用意していました。
職場にも卓上カレンダーを置いて使っている人は多いのではないでしょうか。

ただ、卓上カレンダーの最大の問題点は、持ち運びがしくく、移動したら仕事場ごとに
卓上カレンダーが必要になってしまうことです。

そこで見つけて購入したのが、「ロジカルダイアリー リングタイプ」です。

この手帳は、一見、カンダー型の手帳なんですが、なんと卓上カレンダーなるのです。
下記は、手帳を閉じている時の写真です。
IMG_6128.jpg

そして、下記が手帳を広げて、卓上カレンダーにして、立てているときの写真です。
IMG_6129.jpg

中は下記のように、卓上カレンダーでよくあるヒモで支えているだけです。
IMG_6130.jpg


とても、シンプルなつくりなんですが、
実質、今まで持っていた卓上カレンダーを全て捨てて、今回購入した「ロジカルダイアリー リングタイプ」に集約しました。
使ってみると、かなりの便利さです。

今までは、手帳と卓上カレンダーの両方に予定を記入することもありましたが、今は一回で済み、さらに外出先でも、同様の卓上カレンダーを再現できる。

卓上カレンダーを使っている全てのユーザにおすすめです。

仕事の進め方は、界王拳によるロケットスタート後に、流し。(書籍:「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか。」)

久しぶりに仕事術の本で、とても有益に感じたので紹介します。

「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか。」

私は10数年サラリーマンをやってますが、本書籍はかなり根本をついていて、おそらく多くのサラリーマンが陥っている「ラストスパート重視型による失敗」パターンを改善する本です。
実は私も「ラストスパート型」で、時間に余裕があるときは、その作業に手をつけず、最初に見積もった工数で間に合う日にちで着手していました。
でも、それだと、下記が原因で間に合わなくなるケースが多いのです。

 ・最初の見積もった工数は、あくまで「予想」。
 ・予想の見積もりは、作業が遅れても「予想」という言い訳ができてしまう。
 ・ラストスパート時に、突発作業が入った場合、作業が破綻する。

なので、本書では、ラストスパート型は否定しています。
代わりに、ロケットスタート型を最重要視し、基本としています。

では、どのようにロケットスタートするのか。
面白いのが、「界王拳」を使う、と本書では説いています。
詳細は、ググってもらいたいですが、界王拳は、人気漫画「ドラゴンボール」で出てくる孫悟空の必殺技です。
界王拳を使うと、通常の数倍〜数十倍の戦闘力を発揮でき、現実世界では、「余計なことは一切せず、ものすごく集中して作業する」状態を「界王拳」を使う、と言っています。
ちなみに、漫画では界王拳を使った後は、界王拳の負担により、体に激痛がはしり戦闘力が通常以下となります。

作業の冒頭で「界王拳」を使い、大半の作業を片付け、後半に「流し」作業として、メール対応やスケジュール調整など、パワーを使わない作業をします。
確かに、気合を入れようとすると、全てを頑張ろうとすると、人間なので疲れてずっとは頑張れません。
また、対して集中力がいらない作業で、集中力も使う必要もありません。
本書で面白い表現が、「メールの返信で界王拳を使う必要があるのか。」です。
たしかに、悟空がザコのために「界王拳」を使って、へばっていたら変ですね。

実際に試してみると、かなり効果がある仕事術だと思うので、もっと詳細を知りたい方は、下記の書籍を読んでみてください。

ぶっ通しでやったときだけに見えてくる世界がある。(映画:ブラック企業に勤めてるんだが、もう限界かもしれない)

この映画の中で、ブラック企業で働く主人公が、数日ぶっ通しで働き続けるシーンがあります。
IT業界でいう「デスマ(デスマーチ:死のマーチ)」。
無我夢中で仕事を完了させたあとに主人公が自分自身でも気付かなかった力を発揮させます。

私は過去を思い出しました。
私は勉強や仕事で一日ぶっ通しでやっていたときに、「あっ、こういうことか!」と気づいたことが多くあります。
これは、1時間とかの短時間では絶対にわからなかったことす。
何時間も調べて試行錯誤をして、初めてわかったことです。

このように、人間が本気で長時間集中したときにしか得られないものが絶対にあると感じました。
効率化が求められる時代には難しい面もあるかもしれませんが、人間、ときには長時間本気でやる、というのは必要じゃないか、と改めて感じる映画でした。

ただ、このご時世、朝から夜までぶっ通しでやらせたら、パワハラと言われて終わりです。
でも、自分自身のモチベーションでやる分にはパワハラでもなんでもないので、自分で興味ある事、成長したいことに時間を使うのは「趣味」です。

最後にもう一度謝ると感じが良い。

先日、ある飲み屋さんを予約しました。
ただ、仕事でトラブルが発生し、飲み屋さんには行けなくなったのでキャンセルの電話をしました。
(自分)●日の19時に予約してる者ですが。
(店員さん)19時いっぱいで予約できないです。
※電波が悪いこともあってか、店員さんが予約を入れる電話と勘違いしたようです。
(自分)いや、●日の19時で予約してる者です。
(店員さん)本当にその日は予約がいっぱいで、早い時間しか予約できません。
(自分)ですから、予約してる者です。
(店員さん)あ、失礼いたしました!ご予約済みのお客様ですね。
(自分)はい、●日の19時で予約してる●ですが、都合悪くなったので、すいませんがキャンセルさせてください。
(店員さん)キャンセル畏まりました。またのご利用お待ちしております。
最初に聞き間違えてしまって、大変失礼しました。
実際、一度謝ってるので二度謝らなくて良いのですが、この最後にもう一度、謝ってくれたのがとても感じが良かったです。
ぜひ、またこのお店を利用したいと思いました。

実行力。(書籍:橋下徹さん)

橋下徹さんは、最も尊敬する一人です。
38歳にして、大阪府知事。確実な実績を上げて、そして大阪市長。

最近、コンサル思考関連の本を読むことが多いですが、
この本には、コンサルタントを一例に出しています。
コンサルにはさまざまなフレームワークやメソッドがありますが、
橋下徹さんは自分なりの持論を多く持っており、コンサルタントに欠けている点を指摘し、
限りなく結果を出すポイントだけ考える。

その中には、橋下徹さん流の人間関係の対応の仕方もあり、
橋下徹さんとしては意外にも友達が多いわけでもなく、仲間といろいろプライベートで交流を図ることは少ないようです。

まずは、仕事で結果を出す。
ビジネスなので、仕事で結果も出さない友好関係だけは意味が無い、という考え方です。

また、大阪府という、大規模組織で反発する人も多い状況の中、
大勢の人の意識を一気に変えてしまう方法が印象的でした!

内容が気になる方は、ぜひ、この本を読んでみてください。
あらゆる分野のビジネスマンが参考になる本です。


相手の夢を叶えるのが、自分の夢。(ドラマ:パーフェクトワールド)

今シーズンのドラマは当たりが多いです。
障害者を題材にした純愛ドラマ「パーフェクトワールド」。
※以下、ネタバレになります。
障害者で車椅子生活を送っている主人公は、健常者である彼女の人生を不幸にしたく無いと、自ら別れを告げます。
そんなとき、とある別の奥さんが進行性の病気を患っており、障害者で寝たきりの生活を送っています。
夫は大金を払って、妻が望んでいた二人の家を買おうとしてました。
でも、奥さんは夫の人生を不幸にしたく無いと思い、別れを告げようとします。そんなとき、夫はこう言いました。
「俺の夢は、妻であるお前の夢を叶えることなんだ。俺の人生の唯一の夢を奪おうとするなよ!」
このときたまたま一緒にいた主人公の彼女は、この話を聞いて走り出します。(以降は、未放映)
「相手の夢を叶えることが、自分の夢」と想える関係は素敵ですね。

答えが無いと感じる課題でも、現在の最善の解決策が導き出せる。

以前の紹介した「thinknote」。
家などで集中して、これを使うとより、強力な破壊力を発揮します。

「うんうん」と頭の中でずーーっと考えても答えが出なそうな問題・課題でも
このthinknoteを「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」に従って使うと、
たいてい最善の答えを導き出せます。

こないだも家族で、答えが無いようなある課題について話していて、事柄がたくさんある中で、
それぞれを列挙して分類し、そこからの1つの共通項があることに気付き、
1つの答えを導き出せました。
thinknoteに書き始めてから、15分くらいで1つの答えにたどり着きました。

その他、仕事でも、thinknoteにいろいろ書きだしてみると、案外いいアイデアが出やすいです。
これは使ってみないと分かりませんが、thinknoteはいろいろな問題・課題を解決する
最強のソリューションです。
※筋トレと同じくらい最強のソリューションです。

小学生の意識が高い。

先日、とある小学校の始業式に参加してきました。

3人の小学生が1年の抱負を語りました。

「私は今年度頑張りたいことが3つあります」
「たくさん練習して、●●の大会で1位をとりたいです」
「毎朝6時に起きて、時間に余裕を持った生活を送りたいです」
「自分のことをしっかりして、友達への思いやりを大切にしたい」

4月に新年度になって、しっかり1年の抱負、目標を持っている人がどれだけいるでしょうか。

特に、エリート小学校ではなく普通の小学校なんですが、
下手な大人より小学生のほうが意識が高いと感じました。
私も最近6時には起きるようにしてます。(小学生とレベルが一緒・・)

志高い人を身近に置くと、自分も志が高くなる。

新入社員は志が高く、勉強をする人が多いです。
でも、年齢が高くなると、志が薄らいで行きがちです。
以前、あるとき、「新人は、資格取得について意欲があるが、中堅の人は意欲が少ない」と聞く場面がありました。

中堅は確かに、結婚し子供もいたりして、自分の時間が圧倒的に少なくなり勉強する時間が無くなりやすいですが、
その中でもどうれば勉強できるようにするかを考える必要があります。
でも、日常の多忙の中で志を維持するのは難しいです。

おすすめなのが、志が高い人を身近に置くことです。
たとえば、スタバなどで勉強するとはかどります。
なぜか。
それは、周りの人が仕事や勉強をしている人が多く、
みんなが仕事・勉強しているなか、寝てていいのか、という気持ちになるからです。
生で、志が高い人といるのが、一番効果的かと思いますが、今はインターネットで色々な情報が手に入るので、
常に生で志が高い人と一緒にいることはないかと思います。

私は、中谷彰宏さんという作家が好きなので、日ごろ、中谷彰宏さんの本や動画を見るようにしています。
観ていない時期は、自分の中でたるんでいる気がしました。
改めて、中谷彰宏さんの本や動画を見ると、「もっと、自分を高めなければ!」という気持ちなります。

適性の重要性。

私の知人で、ある会社に転職して3年もたたないうちに退職してしまった人がいます。

年収アップのために転職したようですが、
元々、営業上がりの人で細かい作業が苦手な人で、成果をずっと出せずにいて、
低評価ばかりで昇給・昇格は皆無でした。

退職後は、その人は、営業としてトーク、振る舞いは得意なので、
すぐ再就職先を見つけ、副業もして年収を倍増させていました。

本人も言ってましたが、「適性は一番重要」というのをとても感じました。
苦手なこと、嫌いなことだと、結局浅くしか考えず行動もしないので成果を出せないのは最もです。
好きなこと、得意なことはずっと続けられるし、知人も、「忙しいけど、楽しくて仕方がない」と言ってました。

ずっとやり続けられると、「働き方改革」で労働時間がいろいろ厳しい世の中ですが、
「楽しくて仕方がない」世界では、もはや趣味なので、一番良い「働き方改革」です。

FC2-Counter (Since 2013/8)