~Enter by the narrow gate.~電気通信主任技術者/ライフハック

電気通信主任技術者試験/ライフハックサイト。また、日常生活/ビジネスで役立つ、日々の気づきをUP。

平日にタスクは完了させる。

忙しくなると、ついタスクを週末に持ってきて、週末につじつまを合わせようしてしまいます。
でも、実際は週末にも割り込み作業が入ってきたりして、
結局は週末にやろうと思っていたこともできなくなったりします。

なので、平日のタスクは平日に何が何でも完了させることが大切だなと感じます。
そのためには、事前の計画を立てて、どのタスクをどのタイミングでやるかを考えておく必要があります。
そうしないと、ポコッと時間が空いたときにせっかくの時間が死んでしまいます。

むしろ、土日にやろうとしていたことも平日に押し込んでしまうと、かなり余裕が生まれます。


  1. 2018/02/06(火) 00:00:00|
  2. 日々の気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

価値観→年間目標→月間目標→週間目標→1日目標

今年から手帳を1日1ページのものに変えました。
下記、フランクリン・プランナーの手帳です。

今までは月間カレンダー式の手帳をよく使ってましたが、
結局やはり1日の作業全般を1ページに集約させる形のほうが1日を有効に利用できます。

タスク管理アプリなどもいろいろありますが、下記のようなデメリットがあります。
 ・時間軸が無い
 ・シングルタスクしか書けない(あるタスクのすき間時間にやりたいことなどが書けない)
 ・紙に書いた方が頭に入る
 ・価値観→年間目標→月間目標→週間目標→1日目標のようなトップダウンで書きにくい

フランクリン・プランナーの1日1ページの手帳はこれからが全て解決できるので、
重宝してます。
別途、今年のWBSも作成してますが、計画の重要性は忙しい時ほど感じます。


  1. 2018/01/16(火) 00:00:00|
  2. 日々の気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の目標をWBSスケジュール化しました。

遅くなりましたが、今年のスケジュールをWBS形式で作成しました。

今は、無料で利用できるツールがたくさんあって助かります。
プライベートでのWBSは、Brabioを利用してます。
簡単で直感的に使用でき、機能も充実しているからです。

今年は、仕事や家庭において、やりたいことが多く、
スケジュールが重なりやすいケースが多いです。
元々の個人の欠点は、目標や予定などの物事がざっくりしすぎて、中途半端なところです。
でも、WBSだとタスクレベルに落とし、全体をスケジュール化できるので、
現実的なものになります。
頭ではなんとなく大丈夫と思っていたところが、実はスケジュールに無理があったり気づいて、
いろいろ修正していました。

今年はかなり忙しくなりそうですが、近年勉強もサボっていたので、
気を引き締めて大量のインプット・アウトプットを目指します。

  1. 2018/01/14(日) 00:00:00|
  2. 日々の気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抽象度が高い考えを持つことで、新分野の勉強のスピードが上がる。

情報過多の時代でAI も登場し、情報をいかに効率的にとり入れ、活用するか、
というのがますます重要になってきました。

「頭の回転が50倍速くなる脳の作り方」という本を読みましたが、とても興味深いです。
レオナルドダビンチは「万能の天才」と言われましたが、
結局は応用力があるので、別分野でも習得が早かったようです。
応用力があるということは、抽象度が高い視点で考える、要は共通点を見つけるということです。

共通点が見つかると、頭の中で情報のネットワークができ、記憶も定着しやすいです。
新しい勉強、仕事を始める人には、おススメの本です。



  1. 2017/10/19(木) 00:00:00|
  2. 日々の気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日々の気づき】面白すぎる!左江内氏!(ドラマ:スーパーサラリーマン左江内氏)



2017/1〜のドラマは全部見ているわけではないですが、
「スーパーサラリーマン左江内氏」はNo1です!
ずっと爆笑です笑

鬼嫁が苦手なダメサラリーマンがスーパーマンになるストーリーです。
印象に残っているセリフ。

夫:スーパーマンになって、世界を救ったほうが良いのかな・・?
嫁:世界救う前に、家庭救ってもらってイイっすかね?

なんど聞いても笑えるw
全キャラ面白いけど、堤真一と小泉今日子のやりとりが一番面白い♪



  1. 2017/01/15(日) 00:00:00|
  2. 日々の気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【地球の神秘】今の人類であるホモ・サピエンスが生き延びた理由。



学校では、人は猿からアウストラロピテクスとなり、ジャワ原人、ネアンデルタール人、
そして、現代人であるホモ・サピエンスに進化したような感じで教えられます。

学校では、教えることが多いから省略されることが多いからしょうがないと思います。

でも、実は人類は、そのような一直線の進化ではなく、
色々な30種類くらいにに枝分かれして進化して、その中でホモ・サピエンスだけが
生き残ったのです。

進化につれ、だんだん脳の容量も多くなっていきました。
最終的に、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスが残り、
どちらも同じくらいの脳の容量でした。

では、なぜ、ネアンデルタール人が滅び、ホモ・サピエンスだけが生き残ったのでしょうか?
それは、話せることです。
ネアンデルタール人の骨を見ると、声帯があるような構造では無いので、
複雑な言葉は話せなかったとされています。
(「あー、うー」などの声しか発することができなかったのです)

それに対して、ホモサピエンスは複雑な言葉を話せるような構造になっていたようです。
そのため、仲間と会話ができ、より多くのこと、複雑なことができ、
チームワークがとれ、困難な事態でも対応ができたのです。
また、言葉により、知識・技術を後世に残すことがしやすく、
進化の速度が劇的に速くなりました。

ネアンデルタール人は言葉が話せないので、個人プレーしかできません。
それにより、絶滅してしまったのです。


毎日、何気なく話している言葉ですが、
とてつもなく進化の根源だったんだな、としみじみ感じますね。





  1. 2016/11/23(水) 00:00:00|
  2. 日々の気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【地球の神秘】全球凍結が人類を生み出した。


約6億年前に、地球に大型生物が登場するようになりました。
それまでは、微生物だけでした。
40億年くらいはずっと微生物だけだったのに、なぜ急に大型生物が現れたのでしょうか。

そこには、全球凍結が原因とされています。
全球凍結とは、地球全体が北極・南極のように全て氷の世界になることです。
ストーリーは、こんな感じです↓
ただ、全球凍結の原因は、しっかり解明されていません。


①6億年前は、メタン菌がたくさん発生していた。
 (メタン菌によるメタンガスは、二酸化炭素の20倍くらいの温室効果がある)

②メタン菌は、水と化学反応を起こし、二酸化炭素になるが、
 メタンガスより二酸化炭素の方が温室効果が弱いので、地球が冷え、
 全球凍結となります。
 (熱帯地方も氷となります)

③氷によって、地球全体に蓋をされ、マグマが外に出ず、
 内部にエネルギーを貯めていきます。

④地球内部にエネルギーが溜まりすぎ、とてつもない大噴火が発生しますが、
 地球全体に蓋がされているので、噴火による二酸化炭素は、海水に溶けず、
 地球全体に二酸化炭素がものすごく溜まっていきます。
 その大量の二酸化炭素によって、地球全体の氷が溶けていきます。

⑤海水の下にいた光合成生物は、大量の太陽の光を浴び、大量の酸素を放出します。
 (光合成は、二酸化炭素から酸素に変える性質がある)

⑥酸素を餌としている生物が必要以上の酸素を取り入れ、
 コラーゲンとして体の中に溜めていきます。
 このコラーゲンが、大型生物のきっかけです!
 (化粧品でも出てくるコラーゲンです)


こんな壮大なストーリーによって、大型生物は生まれて、人類ができたのです。
全球凍結がなかったら、人類はいかなったってことですね。



  1. 2016/11/20(日) 00:00:00|
  2. 日々の気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日々の気づき】既成概念を壊すアイデアが強い。(日立:炊飯器のスチームレス機能)

KIMG0310.jpgKIMG0311.jpg

10年使用していた炊飯器が壊れたので、買い換えました。
何の炊飯器にしようかと考えてましたが、日立の圧力スチームIH炊飯器が良さそうでした。
IHで圧力タイプは美味しく炊けるようで、スチーム機能で保温性もかなり良いみたいです。

スチームだから、どこから給水するのかな?と水を入れるところを探してました。
でも、給水するところがありません。
説明書を見ると、スチームレスと書いてありました。
なんと、炊飯する際の蒸気を炊飯器に溜めてそれを保温するときの
スチームに利用するということです。

去年買った、最新のレンジは、スチーム機能ありでも給水が必要だったし、
スチーム=給水 というイメージがあったので、この機能はびっくりしました。

こういう既成概念を壊すアイデアは面白いですね。

「極上炊き」という機能もあって、もちろん、美味しく炊けて、
おかず無しでもご飯食べれる美味しさでした。


  1. 2016/11/06(日) 00:00:00|
  2. 日々の気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【宇宙の神秘】ダークエネルギー

a0001_000191.jpg 

ダークエネルギーをご存知でしょうか?

ダークエネルギーは、ダークマター(暗黒物質)と敵対するものです。
ちなみにダークマターは、光も反射せず、目に見えないものですが、
銀河と銀河を結ぶ力を持つ物質です。

ダークエネルギーは、宇宙膨張させる謎の力です。
宇宙は重力が支配していると思われがちです。
なぜなら、リンゴが地上に落ちののも重力であり、地球が太陽を回っているのも重力であり、
太陽系が銀河にあるのも重力、銀河が銀河団、銀河弾が超銀河団にあるのも重力のおかげだからです。
そして、宇宙のモンスターであるブラックホールもとてつもない重力を秘めて存在するものだからです。
つまり、重力は「ものを引き寄せる力」があるのです。

しかし、ダークエネルギーは、その反対で、「ものを引き離す力」です。
具体的には、銀河と銀河は常にものすごいスピードで離れて行っています。
それは、ダークエネルギーが影響しています。
ダークエネルギーは、何でできていて、そもそも何のために存在するかもわかっていません。



  1. 2016/10/03(月) 00:00:00|
  2. 日々の気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出来る人は、あらゆることで、最短距離を目指す。

a0003_ki_0174.jpg 

先日、ある記事で、経営コンサル・投資家の人がこんなことを話してました。

「お金持ち、できる人は、最短距離を目指している。」

その言葉の中には、「努力はしない」「自分が何もしなくていい」など、
一見、世の中のサラリーマンとは別の考え方です。

でも、会社でもよく、同じようなことがあります。
「効率的に」「生産性を高める」
といいつつ、「努力はしろ」と言われますね。

いかに努力せず、目的を達成するというのは、新鮮でした。
このブログを読んでくださっている方で、
電気通信主任技術者を勉強している人もいると思いますが、
いかに努力量を少なくして、習得するか、というのは意識する必要があります。
やっぱり、資格を取得するなら、短期間の方が良いですからね。

  1. 2016/09/26(月) 00:00:00|
  2. 日々の気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

New

Link

このブログをリンクに追加する

Category

未分類 (57)
★資格取得目的の方へ (1)
■ベンダ資格 (57)
■電気通信主任技術者 (167)
■ITメモ (60)
IT/ビジネス 全般 (34)
ネットワーク (2)
サーバ (23)
インフラ/その他 (0)
■モノの考え方 (60)
モチベーションの高め方 (17)
スピードアップ (14)
説明/情報整理術 (9)
問題解決の仕方 (3)
■趣味 (328)
日々の気づき (151)
健康増進/ダイエット (32)
動画/映画の名言 (51)
本の名言 (14)
音楽の名言 (18)
スポット (20)
こだわりグッズ (16)
映画日記 (13)
読書日記 (12)
■中国語 (3)

RSS Link

FC2-Counter (Since 2013/8)