FC2ブログ

~Enter by the narrow gate.~電気通信主任技術者/ライフハック

電気通信主任技術者試験/ライフハックサイト。また、日常生活/ビジネスで役立つ、日々の気づきをUP。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

苦しめていたものを利用して、現状打破する。【映画:殿、利息でござる】

a0002_008627.jpg 

「殿、利息でござる」が面白い。
仙台藩であった実話を元にした映画です。
利息に苦しむ庶民が、殿に3億円貸して、利息を得ようとする映画です。

自分たちを苦しめていた利息を逆に利用し、現状打破しようとするのは、
とても素晴らしい発想ですね。
この計画は短期間で実行されたと思ってましたが、
なんと8年がかりで目的を達成したようで、びっくりしました。

その間、庶民の百姓たちの団結と殿様との折衝など
苦難を乗り越えてやっと達成します。

この発想と実行力と執念は見習いたいです。









スポンサーサイト
  1. 2016/10/14(金) 00:00:00|
  2. 動画/映画の名言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死ぬ直前まで、自分の信念を曲げない。(映画:エンドオブキングダム)

大統領の死ぬ直前まで、自分の信念を曲げない生き方がカッコよかったd=(^o^)=b

前作より、緊迫感があったし、闘う大人の男たちって感じで、アメリカ万歳っていうノリで、好きな映画だった\(^o^)/

以前、電気通信主任技術者の試験勉強も挫折しそうになるときもありましたが、自分の信念を貫き頑張りました。

試験には、試験のクセがあるので、分析していくと攻略しやすいですね。




  1. 2016/06/05(日) 10:01:00|
  2. 動画/映画の名言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジブリアニメ映画「千と千尋の神隠し」のモデルの温泉(山形:銀山温泉)

スクリーンショット_041716_043226_PMKIMG0933.jpgKIMG0936.jpg

先日、山形の銀山温泉に行ってきました(^^)
銀山温泉は、ジブリアニメ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われてます。

それもあってか、山奥なのに写真のとおり、とても景色がよく風情があるところでした。







  1. 2016/04/17(日) 00:00:00|
  2. 動画/映画の名言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家でDVD保有orレンタルDVDから、インターネット再生。

 a0001_002852.jpg 


少し前に、映画・ドラマのインターネット再生サイト「Hulu」を利用してみました。
1ヵ月1000円で、映画・ドラマが見放題のサービスです。
見方は、PC・スマホ・タブレット・PS4など様々あります。
Huluのメリットは、3つです。
①低価格で、特定の映画・ドラマが見放題。(品ぞろえは、ツタヤなどの方が良いです)
②PC・スマホなど複数の端末で視聴可能。
③PCで視聴して、スマホで途中から視聴可能。(これが何気に便利)
デメリットを挙げるとすれば、等倍速再生しかできないことです。
私は、1人で家でニュースやドラマ・映画を観るときは、2倍速で観ます。
特にニュースは、等倍速でも2倍速でも得られる情報は変わりません。
また、この情報過多時代でやりたいことがいっぱいあるのに、等倍速では時間がもったいないです。
ただ、デメリットを差し引いたとしても、その手軽さから、huluは便利に感じます。

テーマ:夢へ向かって - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2016/02/19(金) 00:00:00|
  2. 動画/映画の名言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スーツは、戦闘服。(映画:キングスマン)

 



映画「キングスマン」が面白かった。
見た目はただのセールスマン、実は世界最高のスパイ、というありがちな設定ですが、
こういう設定は大好きです♪
この映画は、ストーリーというより、アクション!アクション!アクション!って感じです。
スパイグッズも良く出るし、見てて爽快なアクションです。

キングスマンは常にスーツ姿なんだけど、なぜか凄い強そうに見えるし、カッコいい。
でも、本当にできる人、強い人って、さりげないところで、
その凄さが分かることが多いです。


とりあえず、スカッとしたいときに観ると良い映画です!




テーマ:夢へ向かって - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2016/01/27(水) 00:00:00|
  2. 動画/映画の名言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人間は、相手の複雑な気持ちを理解できる。(映画:TED2)

 



TED(テッド)2が、意外に感動ストーリーで面白かった。
前作に続き、下ネタ満載のR15指定映画です。
見た目はかわいいテディベア、中身は中年オヤジのテッド。
今回は、結婚した奥さんと子供を作ろうとするストーリー。
もちろん、ぬいぐるみと人間で子どもはできないので、養子をもらおうとします。
でも、裁判で養子は人間じゃないと権利が無いと却下されます。

人間の定義とは何でしょうか。
見た目?中身?
答えはさまざま。

最初、テッドもその親友も、自堕落な生活を送っていた為、世間から非難されます。
でも、テッドと親友の友情は本物で、相手の複雑な気持ちを理解したり、
自分の命を捨ててまで、相手を助けようとします。

よくドラマや映画で、「自分の命を捨てる」というのがありますが、
現実世界ではなかなかできることではありません。
なぜなら、誰しも自分が一番可愛いと思っている人が多いからです。

この映画は、下ネタコメディのはずなんだけど、
生き方など意外と色々考えさせられる映画でした。
テッドは、下手な人間よりも、人間らしいと感じました。

※思わず、噴出して笑ってしまうシーンが多いのは健在です♪


テーマ:夢へ向かって - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2016/01/25(月) 00:00:00|
  2. 動画/映画の名言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画中、ずっとアトラクション気分♪(4DX映画)

初めて、4DXで映画を観てきました。
4DXとは、3D映画の上のバージョンのことで、座席が揺れたり、霧や風、匂いなど体感型映画です。
 
よく遊園地などにあったりしますが、それが映画館にも登場してきました。
2年前くらいにはあったようですが、4DXに対応している映画館がまだまだ数が少ないです。

通常料金より、プラス1000円ですが、2時間アトラクション気分を味わえるなら、妥当な金額な気がします。

少し昔は、「映画館で見なくても、DVDで観るか」ってなりましたけど、これは映画館でしか楽しめないから、
映画館に行きたくなりますね。

意外と、座席が揺れたり水が来るので、ビックリしましたけど、面白くて楽しいですね♪





テーマ:意見・つぶやき - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/08/02(日) 00:00:00|
  2. 動画/映画の名言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

必ず、守る。(映画:ターミネーター 新起動)

 ついに、シュワちゃんがターミネーターに復活しました。
ターミネーター新起動。

ターミネーター1、2まで出演し、3、4では全く別の映画に感じていて、本作には期待していました。
観たら・・・・

もう、1、2のときの演出をかなり意識していたようで、ファンとしては感動でした。
シュワちゃんの登場の仕方、液体金属の敵、敵ターミネーターの執念、重圧感。

本作は、ストーリー設定がとてもよくて、年を重ねたシュワちゃんが違和感なく、登場していて、
過去作を見ていない人でも十分楽しめるように工夫をしていました。

シュワちゃんターミネーターは、一度、ある人を守る、とインプットされると、
ずーーーーっと時代を超えても守り続けます。(機械なので、当然かもですが。。。)
そんな人間になりたいですね。




テーマ:意見・つぶやき - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/07/20(月) 00:00:00|
  2. 動画/映画の名言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「てめえ、5寸釘ぶち込むぞ!」(「TVドラマ:エイジハラスメント)

今シーズンのドラマは、面白いのが多い。
今のところ、No1なのが、武井咲さん主演の「エイジハラスメント」。

大手に就職したんですが、希望部署とかけ離れた総務部。
でも、その総務部から這い上がろうと頑張ります。

総務は雑用が多く、年齢を重ねて総務スキルを上げたとしても、
武井咲さんのような若いキレイな女子社員が入ってきたら、人気も仕事もその若い子に持って行かれる。
目の敵にされる咲さんは、大変な時に周りの総務の人に助けてももらえない。嫌がらせもされる。
味方は誰もいません。

この悔しい状況で、咲さんはこう呟きます。

「てめえ、5寸釘、ぶち込むぞ!」

こういう、負けず嫌いの這い上がりストーリーは大好物です笑


テーマ:意見・つぶやき - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/07/11(土) 00:00:00|
  2. 動画/映画の名言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラマより、現実の方が残酷。(ドラマ:聖者の行進)

先日、「聖者の行進」というドラマを 知りました。
「アルジャーノンに花束を」と同じく、知的障害者のドラマです。

でも、「アルジャーノンに花束を」はフィクションですが、「聖者の行進」は実話です。
「水戸事件」という事件が元になっているそうです。↓
ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

水戸事件は、知的障害者を雇っていた工場が、国から助成金を受け取っているにもかかわらず、
知的障害者には賃金はほとんど払ってなく、それどころか、暴力・性的暴行などが日常化していた事件です。

ドラマは、TVに映るため、少し見栄えよくされているみたいで、本当はもっと生々しい事件だったようです。
そこで働く知的障害者は、子育てに疲れた親からも捨てられ、その工場でしか生きることができない境遇に立たされた人ばかりです。

ドラマだけでも壮絶なストーリーです。




テーマ:意見・つぶやき - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/06/07(日) 00:00:00|
  2. 動画/映画の名言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

New

Link

このブログをリンクに追加する

Category

未分類 (55)
★資格取得目的の方へ (1)
■ベンダ資格 (57)
■電気通信主任技術者 (167)
■ITメモ (62)
IT/ビジネス 全般 (35)
ネットワーク (3)
サーバ (23)
インフラ/その他 (0)
■モノの考え方 (64)
モチベーションの高め方 (17)
スピードアップ (16)
説明/情報整理術 (9)
問題解決の仕方 (5)
■趣味 (338)
日々の気づき (153)
健康増進/ダイエット (33)
動画/映画の名言 (56)
本の名言 (14)
音楽の名言 (19)
スポット (20)
こだわりグッズ (17)
映画日記 (13)
読書日記 (12)
■中国語 (3)

RSS Link

FC2-Counter (Since 2013/8)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。