FC2ブログ

1日のやること、やれることを整理する。

休みの人は特に、「あれができなかった」「これができなかった」と思う人がいます。
こういう場合は、2通りの原因があります。
 ①1日にやることを計画する
 ②1日にやれることを整理する

まず、①をやらないと、そもそも、1日のtodoに入ってないので、実行される可能性はとても低くなります。
②は、実行時間の見積もり甘くて、タスクがあふれるパターンです。

でも、結局、②は①に包括される内容なので、①をやればたいていうまくいきます。

私のタスク管理アプリのおすすめは、使いやすくて、機能が多いTodoistです。

■Todoist

使って初めて感じる外資コンサル愛用の最強ボールペン(Vコーン青)

最近は消せるボールペンのフリクションボールペンを利用している人が多いです。
私も手帳に予定書く時などはよく使い、予定が変更になった時など便利です。

でも、アイデア出しや思考整理の時は、パイロット社のVコーンの「青」が最強です。
少し使い込まないと良さがわかりませんでしたが、今はハッキリと良さがわかります。
超速で書いても、かすれずしっかり書くことができます。
普通のことのようで、急いで書いて、薄く書かれている文字と、濃く書かれて文字では、
頭へのインプット明瞭さにかなり差が出ます。
なぜ、ハッキリ書けるかというと、直液式の水性ボールペンだからです。

他のブログでも言われていることですが、外資コンサルも愛用してます。
また、「青」というのは、心理学的にも発想がしやすい色です。
なので、最近は、頭の整理・検討・思考するときは、Vコーンの青ボールペンを使う時が多いです。


ポップアップトースターは、朝の生活が劇的に早くなる。

生まれてはじめて、ポップアップトースターを買いました。
家にあるレンジはパンも焼けるタイプなので、パンを焼く際は、
レンジを利用していました。
ただ、朝は家族が料理でレンジを利用していることが多いので、
パンを焼くタイミングが難しかったので、個別にトースターを買おうと思ったのが、きっかけです。

で、今回購入したのは、ポップアップタイプはコンパクトで4枚焼けるので、
家族分も同時に焼けます。
使ってみると、パン1枚あたり、1分程度です。もっと短いかも。
レンジの時は5分くらいかかっていたので、他の料理を気にせず、
速攻で複数枚のパンを焼けるのは、想像以上の便利さです。

気になった人はどうぞ↓

待ち時間をゼロにする。

生活・仕事をしていると多くの待ち時間があります。
待ち合わせ、問い合わせに対する回答、レンジ、水がお湯に変わる時間に至るまで。
待ち時間というのは、完全に無駄な時間です。

相手の反応を早くするのは難しいですが、自分がその間に何かをしていれば、
その時間は待ち時間ではなく、「有効な時間」に生まれ変わります。

何かというのは、特に大きな作業でなくても必要はありません。
例えば、次にすることを考えるする時間にするだけでも、それは十分に生きた時間になります。
そもそも必要な作業に取り掛かる際に、考え込んでしまうようでは、時間が無駄になってしまいます。

もし、時間を捻出するには、待ち時間をゼロにすることを考えると良いかもしれません。

P.S.
とすると、待ち時間にすることを事前にも考えておくと更に良いですね。

ワイヤレスマウスは、Bluetoothよりレシーバータイプが遥かに良い。


知っている人からすれば普通かもしれませんが、ワイヤレスマウスはBluetoothよりレシーバータイプのほうが断然です。

ワイヤレスマウスといえば、いつも、レシーバー不要なBluetoothタイプを選んでましたが、
若干レスポンスが悪く、結局、有線マウスをずっと使用してました。

でも、仕事中に近くの人のワイヤレスマウスを少し使ってみると、有線マウスと大差ないレスポンス!
型番聞いて調べてみました。
調べてると、レスポンスの悪さはBluetoothマウスということがわかりました。
それなら、やっぱり線が無いワイヤレスマウスを使いたいですね。

ということで、すぐ注文しました。
レシーバタイプのワイヤレスマウス。
これで、仕事の手間で1つ減り、時間短縮が図れそうです。


時間・労力がかかっていたものほど、効率化されたときの体感が大きい。(マイナンバーカード)

マイナンバーカード運用が始まって、だいぶ時間が経ちます。

けっこう仕事が忙しいときがおおいので、以前は、住民票を取得するだけでも
役所の休日開庁日に取得しに行ったりしてて、行っても待ち時間が長かったりして、
半日かかる作業で、下手すると1日かかっていました。
休日が潰れるのです。

今は、仕事帰りにコンビニに行き、待ち時間はほぼ無く、数分で住民票や証明書取得が可能です。
仕事休んだり、休日を潰して対応していたことが、日常の数分に置き換わる。
身に染みるほど、劇的に良くなりました。

この体感・考え方は、仕事でも活かせます。
仕事でいつも効率化を考えるときは、すごく時間がかかっているものを効率化検討の対象にします。
5分かかっていたものは1分になっても大してうれしくないですが、
8時間かかっていたものが1分になると感動です。

役所関連は特に時間がかかりやすいので、これからも役所関連の効率化に期待したいですね。

誰でも簡単に、ロジカルシンキングができるようにするツール。

ロジカルシンキングは、勉強でも仕事でも役に立つ能力です。
私も決してロジカルシンキングが得意ではありませんが、あるツールを利用すると、
体感できるほど、ロジカルシンキングがしやすくなります。

そのツールとは、「方眼ノート」です。
「方眼ノート」とは、マス目上になっているフォーマットのノートです。

たかが、ノートと思いますが、使用してみると少なくとも、
 ・方眼になっているので、文字がきれいに書ける。
 ・余白をとったり全体のバランスがとりやすい。
 ・線をなぞる感じで、図やグラフが描きやすい。
というのが体感できます。

東大生や外資系コンサルのエリートも方眼ノートが基本のようです。
方眼ノートを利用するだけでも、頭が整理される感じがしますが、
下記書籍などを読んで、方眼ノートの使い方も理解すると、
本当にロジカルシンキングマスターに近づける感じがします。


 

「論点」を間違えると、全て間違える。

論点。

論点は、言い換えると考えのポイントです。
そのため、論点は仕事のとっかかりになります。
とっかかりが間違えると、結果も間違えます。

下記のコンサル育成のための講座が人気があるようです。
まだ受講したわけではないですが、サイトを見ただけでも、
「論点」がいかに大切かわかる内容です。




フォルダ内の大量データ文字列を一括検索。ワード、エクセルも可能。

仕事をしていると、特定のフォルダ内のデータを一括して検索したいときがあります。
Windows標準機能にもありますが、検索結果が確認しづらかったり、あまり使えません。

最近、利用しているのが、
TresGrepという無料のGREP(文字列抽出)ソフトです。
単体だとテキストデータしか検索できませんが、 xdoc2txtというソフトを組み合わせると、
ワードやエクセルも一括検索できます。

組合せ方法は、TresGrepの実行ファイルと同フォルダに
xdoc2txtの実行ファイルを格納します。
TresGrep起動中に、右上の「xdoc2txt」ボタンをクリックし有効にすると、
ワード等も検索できるようになります。

一括置換はテキストデータのみのようなですが、
大量のデータから欲しい情報が一瞬で抽出できるのはかなり作業の効率が上がります。

もし、大量のワード、エクセルデータを一括して文字列変換できる方法を知ってる方は
教えていただけると嬉しいです^ ^;

Torneモバイルが進化していた。(外出先のオフラインでも2倍速再生)



数年前からSonyのTorneというTV録画アプリを利用しています。
これは、PS3、PS4に対応するものなので、PS3、PS4ユーザ向けアプリですが、
インターフェースが分かりやすく、以前からよく利用してました。

私はテレビは生放送ではまず見ず、いつも録画したものを2倍速再生で見ています。
等倍速だと時間がもったいなく2倍速再生は、重要な要素です。
PS3、PS4と接続した状態でのTorneでのTV再生は、2倍速再生が可能です。

また以前から、Torneのモバイルアプリも存在していて、利用してましたが、
等倍速再生のみでした。
なので、TV録画を見る際は、自宅でPS3、PS4と接続した状態でのTorneで、
2倍速再生で見ていて不便だと感じていました。


しかし、ふとネットでTorne情報を見ていると、
最新のTorneモバイルアプリでは2倍速再生が可能になっているということが分かりました。
(Android,iOS対応)
※すでに利用している方からすると、今更感はあるかもしれませんが・・

早速、インストールして利用してみると、有料ですが、書き出し機能もあり、
外出先などのオフライン状態でも、TV録画したものを閲覧可能でした。
これで、いつでもどこでも2倍速再生でTVを見ることができて、生活が倍速になりました。

TVの時短を望んでいて、まだ試していない方は、とってもおススメです。


FC2-Counter (Since 2013/8)