FC2ブログ

【モチベーションアップ】そこで命が燃え尽きても、信じた道を進めばいい。(稲葉浩志さん:Golden road)

 稲葉浩志さんの「Golden road」が良い。

 曲も歌詞も。
 ラストサビの歌詞が、特にいい。

 ------------------------------------------------------------ 
信じた道なら行けばいい
 たとえその途中でぶっ倒れても 
そこで命が燃え尽きても
 信じた道だけ行くために 僕らは生まれてきたんだろう 
------------------------------------------------------------ 

 「悔いの無いように手を抜かず生きろ」って言っている気がしますね。
アルバムの「Singing Bird」は、ストイックな人生論の曲があって、
個人的に好きなアルバムです。 ライブでは、イチョウ並木の3D映像が印象的でした。 スクリーンショット_070614_071822_PM 
Singing Bird(初回限定盤)(DVD付)Singing Bird(初回限定盤)(DVD付) (2014/05/21) 稲葉浩志 商品詳細を見る

【モチベーションアップ】Enter by the narrow gate. (B'z稲葉浩志さんの隠れたポリシー「狭き門を行け」)

 以前、B'z「ユートピア」について、記事を書きました。

  【強く願うだけじゃ足りない。涙流すだけじゃ足りない。(B'z:ユートピア)】 5cy11a.blog.fc2.com/blog-entry-119.html 

 そのときは気づきませんでしたが、歌詞内の 「狭き門を行け」 という言葉。 
ちなみに英語では、 「Enter by the narrow gate.」 この言葉には、B'z稲葉さんにとって、隠れたポリシーみたいです。 

なぜなら、稲葉さんがいつも使っている、バッグやシャツにカスタムペイント(印字)しているからです。
 この言葉は、聖書にも出てくるようです。 
「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。
 しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」 

 要は、 「楽な道は人間をダメにする。大変なのを覚悟して、狭き道を進め。そこに希望がある。」
 ということだと思います。

 「ユートピア」は、ストイックの集大成のような曲です。
 「狭き門のその先に、ユートピア(理想郷)がある」と言っている気がします。 
稲葉さんは、その「Enter by the narrow gate.」をいろんなところに印字することによって、
自分を戒めている。
 でも、特にそれをあまり公言していなくて、
秘かにポリシーを持って生きているところがカッコイイですね。 
「ユートピア」は、ベストアルバムの「B'z The Best XXV 1999-2012」に収録されています。

【モチベーションアップ】誓ったことを、自分の心に「彫る」。【稲葉浩志:ソロ新曲「念書」】

B'zのボーカルである稲葉浩志さんのソロシングル「念書」が先日リリースされました。

 念書は、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、 
自分から一方的に約束事を決めて書面にすることです。 
(相手と合意を得て約束事を書面にすることが、契約書です。)
 【稲葉浩志さんの公式HP】 http://en-zine.jp/pc/index.html  

 イントロからしてカッコいい。
 この男臭さが漂う世界観は、ファーストアルバムの「マグマ」を思い出します。

 これもまた歌詞が、凄い良い。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
今から自分がやることを未来において
絶対後悔致しません 永遠に誓いますって
心に彫ってしまえばいい 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 よく、「心に刻む」とはいうけど、「心に『彫る』」という表現が、さすが稲葉さんです。
 「刻む」より、「彫る」のほうが、誓いの気持ちが強い気がします。 

稲葉さんのソロの中では、「マグマ」が一番好きだったので、 
「マグマ」的な今回の「念書」は、個人的にストライクな曲です。
たぶん、しばらくずっと聞いてます。

【モチベーションアップ】君の情熱が、いつか、誰かにとっての光となる。【隠れた名曲:光芒(B'z)】

いつものことですが、隠れた名曲に後から気づきます。 

 今回は、B'zのアルバム「ACTION」の「光芒(こうぼう)」です。 

光芒とは、一筋の光のことです。 
とにかく、歌詞が良い。 稲葉さんの、1つ1つの言葉の選びが神業です。 

10代の人より、少し人生経験を積んだ20代以上の人の方が、共感が湧くと思います。
 序盤と中盤は、夢と希望が打ち砕かれたブルージーな感じなんですが、
 徐々に希望の光が見えてくるような、壮大なラストサビになっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
自分を救う それは自分なのか? 
 半歩でも進めるなら 景色は少しずつかわってゆく 
 光を求め 歩きつづける 君の情熱が
いつの日か 誰かにとっての 光となるでしょう
 誰かにとっての 兆しになるでしょう
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   

ACTIONACTION (2007/12/05) B’z 商品詳細を見る

【モチベーションアップ】強く願うだけじゃ足りない。涙流すだけじゃ足りない。(B'z:ユートピア)

 2013年7月のTVドラマ「DOCTORS2~最強の名医」の主題歌になっている B’zの新曲「ユートピア」が最高です。
   

あのテンポも好きだけど、あの勇気づけられる歌詞が感動的です。
 「願うだけじゃなくて、行動しなよ」というメッセージが、 
なんとなく、B’z「ねがい」に似ていると思ったのは自分だけではないと思います。 

「ねがいよかなえ いつの日か そうなるように 生きて行け」 

 ちなみに、ユートピアのPVもめっちゃかっこいいです。

稲葉さん50歳とは思えない・・・ 
 ちなみに、一番好きなカッコいいPVは、B’z「C'mon」です!  

続きを読む

【モチベーションアップ】「頑張る」「努力」「一生懸命」なんて、当たり前。(B’z:ザ・マイスター)

先日、B'z「ザ・マイスター」に触れたので、ちょっとそれについて書いてみます。

  B’zのアルバム「C'mon」に収録されている「ザ・マイスター」は、
精神論と現実論の融合曲です。 

ちなみに、「マイスター」の意味は、職人です。 
「自分の持っている『職人技』を極めよう」という曲だと解釈しています。

 ヒィヒィ言いながら頑張りなよ でも、今は修行中だし、頑張るとか努力してるとか、
 言っちゃだめだよ って言ってます。 

 実際、 頑張ってない人ほど、「頑張っている」と言って、 頑張っている人ほど、
「頑張っている」とは言わないですね。 
それは、頑張っている人は、「そんなの当たり前」って思ってるからですね。 

 P.S. C'monは隠れた名曲が多いので、また書いちゃいそうです。

続きを読む

【モチベーションアップ】「自分の限界」を超えようとする精神。(B’z:GREEN)

B’zのアルバム「GREEN」。
 2002年に発売されたアルバムだけど、個人的に特別なアルバムです。
  ダウンロード 

 「GREEN」は、向上心が詰まったアルバムです。 

「GREEN」は、「緑」の意味ではなく、「未熟さ」「青臭さ」という意味です。 
アルバムタイトルになっている、「STAY GREEN~未熟な旅はとまらない~」。
(未熟のまま) この曲が伝えたいことは、 「この世に、完璧というものは存在しない。 

でも、それに向かって自分を未熟と置き、常に上を目指したい」
 ってことだと個人的に解釈してます。 
印象に残っている曲の中における歌詞の意訳を下記に書いてみる。

 ------------------------------------------------------------ 
【STAY GREEN 〜未熟な旅はとまらない〜】
 どこまで行っても学ぶことは、まだまだあるよ。
更に、神秘に満ちた世界に行こうよ。 

【熱き鼓動の果て】 
「熱き鼓動の果て」という極みの境地には、
辿り着いた者にしかわからない、何かがあるよ。 

【SURFIN' 3000GTR】 
笑い者にしたければ、笑えばいいさ。
でも、笑い者にしたことは、一生忘れないよ。 

【ultra soul】 
自分の限界に気づいたつもりになってない?
 ------------------------------------------------------------ 

 B’zの2人は、既に完璧ともいえる状態だけど、 それでも、向上心もって、
青臭く頑張っているから、そこがカッコイイですね。

 他の稲葉さんの歌詞見ると分かるけど、稲葉さんの頑張る系の歌詞は、 
「スマートに頑張る」より、「泥臭く、ガムシャラに頑張る」ってものが多いです。

 ※「ザ・マイスター」とかね。
 書くと止まらないので、今日はこの辺で止めときます。

 P.S. このアルバムは、怠け者の自分には、良薬です。

FC2-Counter (Since 2013/8)