FC2ブログ

【LPIC_201試験】6. システムの保守

 ■6. システムの保守
  【1. ソースからプログラムをmakeしてインストール】

   <「tar」コマンド>
コマンドオプションオプション
フルスペル
説明
tar-ccreate?新アーカイブを作成
-Xアーカイブからファイルを展開
-ffile?アーカイブファイルを指定
-tアーカイブ内容表示
-v処理詳細情報の表示
-zgzipを利用し、圧縮/解凍する
-jbzip2を利用し、圧縮/解凍する

   <コンパイルからインストールまでの手順(ソースファイルが含まれたアーカイブを展開後)>
    (1) ./configure
    (2) make
    (3) su (必要な時)
    (4) make install


  【2. バックアップ操作】

   <「バックアップ系コマンド>
    
コマンドその他
指定
オプションオプション
フルスペル
説明
rsync無しNW経由でデータコピー可能なコマンド
-aall?パーミッション・所有者情報など、ディレクトリ・ファイルの属性情報もそのままコピー
-eexport?転送形式を指定する(rsh、ssh等)
-v処理の詳細な情報を表示
-zzip?圧縮して転送
--delete送信元で削除したディレクトリ・ファイルは送信先でも削除
mt-fテープドライブを制御するコマンド。
「f」でテープデバイス指定
fsf nforward?nファイル分、テープ進める
bsf nback?nファイル分、テープ戻す






関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)