FC2ブログ

チャリティーとは、元気玉をつくること。【エールラン(チャリティラン)】

 スペシャルオリンピックス日本(SON)さんが主催している「エールラン(チャリティラン)」に参加してきました。

スペシャルオリンピックスとは、知的障害者にスポーツをサポートし、大会の場などを提供している国際的なスポーツ組織です。
エールランとは、スペシャルオリンピックスさんが主催しているチャリティランです。
400Mトラックを20周を、4人1組で分担して走る、駅伝です。
でも、スペシャルオリンピックス自体、知ってる人はあまり多くないのかな、と思ってました。

まず、驚いたのは、参加者の多さ。
平日に開催されていたのですが、800人以上の参加者がいました。

1239630_613428178702210_720512862_n.jpg 

次に驚いたのは、参加者みんなが、元気があり余っているじゃないか、っていうくらい元気な人だったこと。
そのせいもあってか、周りがみんな速そうに見えます。

私は第1走者でした。
数日前から少しトレーニングしてました。
でも、周りはプロみたいな人ばかりなので、最終的にトップゴールインするのは難しいです。

そのため、最初だけトップになろうと決めて、200mくらいあたりまで、トップで走りました。
「ん?意外と今日行けるかも?」と思っていた矢先、
猛烈に苦しくなってきました。

300mを超えたあたりから、順位が脱落していきました。
3周目以降は、もう精神が肉体を凌駕してました。

他のメンバーからのフォローをいただき、最終的な順位は、真ん中くらいになることができました。
でも、学生時代のマラソン大会を思い出し、楽しかったです。

そして、「元気玉」のように、みんなから、少しずつ元気を分けてもらいました。


P.S.1
チャリティーとは、元気玉を作ることなんですね。


P.S.2
事前にジョギングしてトレーニングしてたのに、翌日全身筋肉痛でした。
(本番は、練習で使う筋肉と違うのか?)
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)