FC2ブログ

正規表現

正規表現とは、「複数の文字列」を「1つの形式」で表現する手法です。
大量にある文字列の中で何かしらの規則性がある場合、正規表現を使用すれば、劇的に処理を短縮できます。
エクセルVBAほど複雑なことはできませんが、エクセルVBAより、手軽に簡単に効率化が図れます。
Linux系でも可能ですが、サクラエディタのようなテキストエディタで利用可能です。
大項目中項目小項目説明備考
特殊
文字
記号\tタブ 
\例:\( ⇒「(」として認識「\」が付くと、文字列として認識
\n↓改行 
\r←改行 
\r\n↓←改行 
位置指定^行先頭 
$行末尾 
\<単語の先頭部分 
\>単語の末尾部分 
\b単語と接するスペース 
\B単語と接しない(両隣もスペース)スペース 
\A文字列の最初 
\Z文字列の最後 
^$空行(行の先頭かつ末尾→改行のみの行) 
繰り返しr?正規表現rが0回または1回現れるもの 
r*正規表現rの0回以上の任意の回数繰り返すもの 
r+正規表現rが1回以上繰り返すもの 
r{n}正規表現rがn回繰り返すもの 
r{n,}正規表現rがn回以上繰り返すもの 
r{,m}正規表現rが0回以上m回以下繰り返すもの 
r{n,m}正規表現rがn回以上m回以下繰り返すもの 
正規
表現
 [a-z]「a~z」の文字 
[0-9]「0~9」の文字 
Linux.*「Linx」から始まる文字列全て 
【置換前】
^(■.*)\r\n
【置換後】
$1
行先頭に「■」がある行の末尾1つ文字削除 
 ▼参考URL
サルにもわかる正規表現
まとめサイト
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)