FC2ブログ

「何気ない単語」と「最強」を組み合わせると、かっこいい。(ヒカルの碁:最強の初段)

先日読んだ、マンガ「ヒカルの碁」で好きな言葉は、「最強の初段」です。

囲碁のプロになった主人公ヒカルは、実力的には、8段くらいの実力があるのに、
分け合って、最初、囲碁の試合をサボりっぱなしです。
そこから復活して、ヒカルは、囲碁の試合にしっかりでますが、
サボっていたこともあり、勝ち続けても中々、初段から、上がれません。

ある日、3段くらいの相手とヒカルは戦います。
相手は、ヒカルが初段だからとナメてかかりますが、ヒカルに一刀両断されます。
あとで、初段の理由を聞いて、こうつぶやきます。

「最強の初段だ」

なんかカッコいい。

「初段」だと、弱々しい言葉です。
でも、「最強」とつくと、言葉の印象がガラッと変わるんだな~と思いました。


P.S.
実は、「最強ノート」も、「最強の初段」から思いついたものです。


 
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)