FC2ブログ

不運は、何かのアドバイス。(LPIC3-301試験合格)

 先日、LPICレベル3取得の為、LPIC301を受験してきました。
結果は無事、合格でした。
でも、合格点は500点で、得点は520点でギリギリ。

いつも受験するときは、試験前日に近くの試験会場で、夕方くらいから受験できるように予約してました。
今回は、ちょっと自信があったので、夕方ではなく、お昼位に受験しようと思ってました。

でも、ネットで予約しようとすると、まず会場が近くどころか、
満席のためか県内では受験できない状態になってました。
タイミング的にどうしても翌日受験したかったので、しぶしぶ県外を探しました。
県外でも受験できる場所は少なく、しかも最速でも18時からしか受験できませんでした。
しかたないので、県外の18時から受験できるところで予約しました。

18時までとりあえず、勉強してました。
それで、試験開始。

「ん?やばい。わからない問題が意外とある。
せっかく県外まで来て、しかも301試験代は3万円。これで落ちたら、どうしよう」
と、試験中、ずっとドキドキでした。

結果は上記のとおり、ギリギリで合格でしたが、
仮に近くでお昼くらいに受験していたら、落ちていたと思います。

一見、不運に見えることは、何かのアドバイスが込められているんですね。
今回だったら、「まだ受験は早い。もっと勉強しなよ」って感じで。


P.S.
不運に、感謝です。

 
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)