FC2ブログ

【LPIC_102試験】4. システムサービス

■1. システム時刻の維持

date : [MMDDhhmm[CC[YY]][.ss]]
ntpdate NTPサーバ名: NTPサーバから時刻を取得

  
 【1. ハードウェアクロック(hwclock)】
  コンピュータ内蔵時刻。電源OFFでも動作する。

  (1) hwclockコマンド

    -r : ハードウェアクロック時刻を表示する
    -w : システムクロック時刻をハードウェアクロック時刻に設定する(--systohc)
    -s : ハードウェアクロック時刻をシステムクロック時刻に設定する (--hctosys)
 




 【2. システムクロック(date)】

 linuxカーネルが持つ時刻。システム起動時にハードウェアクロック値を取得し設定する。システムイベント時刻としても使用する。





===================================================

■2. システムログ

 【1. /etc/syslog.conf の設定】

 ログ送信元(ファシリティ).[[=]プライオリティ] アクション

  (1) ログの送信元(ファシリティ)

     auth、authpriv: 認証サービス
     deamon : デーモン
     kern : カーネル
     lpr : 印刷
     mail : メール
     syslog : syslogdデーモン


  (2) 複数ログ送信元の指定方法

   : 複数のログ送信元を区切り指定
   *  すべてのログ送信元指定


  (3) プライオリティ(監視レベル)

   emerg : 危険MAX
   alert : 緊急対応必要
   crit : 危険
   err : 一般エラー
   warning : 警告
   notice : 注意
   info : 情報
   debug : デバッグのときに有効な情報
   none : メッセージ送らない



===================================================

■3. メール転送エージェント(MTA)

 【1. エイリアス設定(別名)

  (1) システム全体設定
   /etc/aliases : 別名(エイリアス)でメール転送設定する
   newaliases : 設定反映コマンド


  (2) ユーザ単位設定
   ~/.forward : 転送先を記載して、メール転送設定する(即時反映)


------------------------------------------------------------

 【2. MTA(Message Transfer Agent)の種類】※メールサーバ

  sendmail: 古い標準MTA。色々対応していて、1つのプログラムで全部実行可能。
        設定難しく、専用ツール必要。セキュリティ弱い。処理遅い。
  qamil: sendmailで反省し、互換性が無い新MTA。機能ごとにプログラム分割。
      設定簡単。セキュリティ高い。sendmailからの移行は大変。
  postfix: sendmailと高い互換性があり処理速い。設定簡単。セキュリティ向上。
       最近の一部のlinuxでも標準となっているMTA。
  exim: debian系の標準MTA。設定簡単。日本語情報少ない。設定ファイルはverにより異なる。
 

------------------------------------------------------------

 【3. メールコマンド】

  mail : メール送信したり、受信メールを表示するコマンド

  mail [-s 件名] [宛先メールアドレス もしくは ユーザ名]




===================================================

■4. プリンタと印刷

lpd: linuxで利用されてきた印刷用デーモン


印刷イメージ

 【1. 印刷サービス】

  CUPS(カップス:Common UNIX Printing System) : lpdなど従来の印刷サービスと互換性を持っているLinuxの新しい印刷サービス (ポート:631)

   ※CUPSの特徴
   ・NWプリンタのサポートプロトコル「IPP(Internet Printing Protocol)」に対応
   ・プリンタの機種依存情報を記述する「PPD(PostScript Printer Description)」をサポート
   ・Webブラウザで設定可能。


  (1) lpqコマンド(プリントキューの内容を一覧表示)
     lpq [オプション] [ユーザー名] [ジョブ番号]

     -P : プリンタ情報表示

  (2) lprコマンド (印刷ジョブを作成し、プリントキューに登録)
      -#数 : 印刷する部数
      -Pプリンタ名 : 指定プリンタで印刷    

   (3)lprm (印刷ジョブ削除)
      -P : 指定プリンタの印刷ジョブ削除
      - : 自分の印刷ジョブ削除。rootで実行したら、全ユーザ分を削除


   
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)