FC2ブログ

「ラッキーマン」から、「デスノート」へのギャップ力。(漫画家:がもうひろしさん)

「デスノート」を書いた作者は、「ラッキーマン」の作者「がもうひろし」さんだと言われています。

がもうひろしさんは、あまり絵がうまくないために、ずっと売れなかったそうで、
やっと出したのが、ラッキーマンです。

それでも、なかなか売れなかったんですが、
がもうひろしさんはストーリーを考える天才なので、
数年後、「デスノート」の原作者となり、大ヒットしました。

普通、別連載するときは、前の作品の面影が少しあるものですが、
「ラッキーマン」と「デスノート」は、面影のカケラもありません。

そんな超裏キャラのような作品を書けるなんて、さすがですね。

P.S.
既成概念を捨てて、新しいことを考えるって、できそうでなかなかできないことですよね。
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)