FC2ブログ

悪いサービスを受けると、サービスの勉強になる。

以前、ある通信会社のモバイルルータを数年使ってました。

最近は、スマホをルータ代わりにできる、テザリング技術の発達もあり、
モバイルルータを今春にショップで解約しました。

先日、モバイルルータで使ってたプロバイダから請求書が届きました。
なんと、モバイルルータのプロバイダ契約が解約されて無く、ずっとクレジット決済されていたのです。
途中でクレジットカードが変わった為、クレジット決済できなくなって、
書類で請求書が来たようです。

さっそく、解約したショップに電話しました。

「プロバイダが解約されてないんですが。」
「モバイルルータとの解約の他に、プロバイダの解約は別途必要ですよ」

「モバイルルータ解約時に、ショップ店員から何も言われてないです」
「プロバイダとうちは、別会社なので、お客様に伝える義務は無いです」
「でも、ユーザは、モバイルルータという1つのサービスを買っているので、
 ユーザは別解約が必要だとは知りませんよ」
「そうかもしれませんが、やはり、別会社なので、お客様に伝える義務は無いですし、落ち度は無いと思ってます」

ショップの上長を呼んでもらおうかと思いましたが、
その時、時間がなかったので、
泣く泣く、使っても無い、プロバイダ請求書に記載されている金額を支払いました。


P.S.
ユーザの意識は、1製品=1サービスだということが、改めて気づかされました。
悪いサービスを受けると、サービスの勉強になりますね。
悪いサービスに感謝です。


関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)