FC2ブログ

【CCNP-TSHOOT】★最強ノート

■1. 出題形式・出題される問題

 【1. 選択問題(1 or 2問)】

   ネットワークパフォーマンスの維持および監視



 【2. ドラッグアンドドロップ問題】(Ping-tと黒本と似た問題内容)
  

   (1)ネットワークメンテナンスモデル
   (2)GUI・CLI・リモートにSDMやTelnet等をD&D



 【3. トラブルチケット(12問)】

  このうち、バグ問題が2or3つつある。

   (1)IPv6(2問) ※インターフェースにOSPFの設定無い

   (2)HSRP2問) ※指定しているtrackを変更

   (3)クライアントからサーバにアクセス不可(8問)※切り分け問題

      ① BGP neighborのアドレスが異なる
      ② allowed vlan(access-list)が違う(Port13だがPort12を選択するバグの問題)
      ③ クライアントPC接続インターフェースがshutdown
      ④ OSPFの認証機能
      ⑤ EIGRP
      ⑥ 再配送不可(BGPからOSPF)
      ⑦ VACL
      ⑧ NTP問題
      ⑨ STP問題

     下記を回答する必要がある。

    ① どの機器か?
    ② どのテクノロジーを使うか?
    ③ どうすれば直るか?




■2. バグ問題情報(被疑箇所はスイッチ


 【1. 問題文のIF番号記載誤り】

   (対処方法) I/F番号の方は数字が違っていても気にせず選択、



 【2. コンフィグ表示不具合】

   (1)事象
     ① VACLに対する選択肢が見当たらない
     ② イーサチャネルのチャネル番号が一致しない

   ・show ip bgp summary コマンド結果が非表示(空白)
   ・show ip ospf neighbor コマンド結果が非表示(空白)
   ・show ip interface brief コマンド結果が非表示(空白)


   (2)対処方法

   両方ともネイバー(ピア)を張れていない際に発生しているが、
   動作としてはまるで表示されたかのようになっている。

   対向ルータにおいて、show ip ospf neighborコマンドでコンフィグを見ると、
   show ip route で存在すべき経路がないので、選択肢から正解を選ぶことが可能。

-

 【3. 「次へ」ボタンのリンク誤り】


  (1)事象
    
    問題回答時において、選択肢である「被疑機器」「関連技術」と選択を進めた後、
    関係ない技術のトラブル・シュート選択画面に飛ばされる


  (2)対処方法

   被疑機器の隣接機器の場合、正しい選択肢が表示される為、
   隣接機器を「被疑機器」として見立て選択し、正しい「関連技術」と「トラブル・シュート方法」の
   組み合わせを選択する。

   尚、隣接機器は複数存在し、どの隣接機器の画面においても同じ内容が表示されるが、
   通信経路上の方にある隣接機器を選択する。









関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)