FC2ブログ

過去問解説 【2. 専門能力(データ通信)】 H25 第1回 問4-3

 
・試験種別: 電気通信主任技術者
・科目: 2. 専門能力(データ通信)
・カテゴリ: IPv4/IPv6
・対象過去問: H25 第1回 問4-3


解答: ABC全て正しい


■A ○
 ・送信するIPデータグラムがMTU大きい時は、フラグメンテーション(分割)とリアセンブリが必要になる。
  フラグメンテーションは、送信側ルータで行われ、宛先ホスト側で分割したIPデータグラムを結合する。


■B ○
 ・送信するIPデータグラムがMTU大きい時は、フラグメンテーション(分割)とリアセンブリが必要になる。
  フラグメンテーションは、送信側ルータで行われ、宛先ホスト側で分割したIPデータグラムを結合する。


■C ○
 【PMTUD
 宛先ホストまでの伝送経路上において、パケットの分割処理が不要なMTUを検出する仕組み
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)