FC2ブログ

【CCNP-TSHOOT】EIGRP

■EIGRP


 EIGRPの基本設定
  (config)#router eigrp {AS番号}
  (config-router)#network {NWアドレス} [ワイルドカードマスク]

 【EIGRPメトリック設定】
  (config-router)# metric weights [TOS] [K1 K2 K3 K4 K5]

  ※KデフォルトはK1=K3=1、K2=K4=K5=0 (1 0 1 0 0)
   コンフィグにK値の記載がなければデフォルト。
   よって、隣接関係の片側ルータにK値があえて入っているとデフォルトから変更されており、
   それにより、隣接関係が確立できていない可能性がある。


------------------------------------------------------------
 【隣接関係確立条件】
 
  下記が一致していること

  (1) AS番号
  (2) K値 ←メトリック計算に使用する値

------------------------------------------------------------
 【MD5認証使用時のEIGRPネイバー構築条件】

  パスワード(key-string)とキーIDが一致すること

------------------------------------------------------------
 フィージブルサクセサ(バックアップルート)】

 (1) 特徴

   ① サクセサのFDよりも小さなADを持ったルートがフィージブルサクセサになる
   ② サクセサがダウン時は、フィージブルサクセサがサクセサになる。
   ③ フィージブルサクセサ(バックアップルート)を使用し通信もする場合もある

 (2)FDとAD

  FD( Feasible Distance ):自ルータから宛先NWまでの合計メトリック
  AD (Advertised Distance) :ネイバールータから宛先NWまでの合計メトリック

------------------------------------------------------------
 【その他必要知識】
 passive-interface : IFにこの設定が入っていると、ルート情報は更新するが、パケットを送信しなくなる
 
passive-interface default ←全IFをパッシブ・インタフェースにする
 no passive-interface fa1/0 ←でも、fa1/0だけはパッシブ・インタフェースにしない
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)