FC2ブログ

量より、バランスによる、相乗効果。(アミノ酸の超「相乗効果」)

アミノ酸は、人間が行動や細胞を生成する上で、重要なものです。 

アミノ酸は、1種類だけ摂取しても、あまり効果が得られません。 
アミノ酸は、多くの種類を同時にバランスよく摂取することで、大きな相乗効果を生み出します。
 どれだけ相乗効果があるかは、サプリ等の箱に書いてあるアミノ酸単体の成分表では、
測ることはできません。
 ただ、体感では、100倍以上違いました。

 
アミノ酸単体で1gを摂取したときよりも、
 多くの種類のアミノ酸(それぞれ0.○mgなど)を同時に摂取したときのほうが、
活力が出ます。 

私はこれまで、相乗効果は、「1+1=3」になる程度だと思ってました。
 そんなもん、比ではありませんでした。
 よく「活力」が出るっていうけど、あんな宣伝は胡散臭くて、完全に詐欺だと思ってました。
 これは、体感したした人じゃないと、理解できません。 
(この表現も、詐欺っぽいですが・・)

 でも、あえて、例えるなら、 
 
活力無い状態: 夜勤明けの寝不足の体調
活力ある状態:
 たっぷり寝て、朝飯がっつり食べた体調

な感じです。

 より、顕著に感じたのは、
多くの種類のアミノ酸(それぞれ0.○mgなど)を
同時に摂取止めて数日たったんですが、
どうも力が入らなくて、
またアミノ酸を摂取し始めました。
この時点である意味、薬中です。

(ドラックをやっているわけではありませんが)
摂取した数時間で体感しました。 
もちろん、カフェイン取っていない状態でです。 
 摂取の方法によって、効果100倍以上の相乗効果を生み出すアミノ酸は、面白いです。
 このアミノ酸の相乗効果の考え方を、ビジネスや何かで使えそうな気もします。
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)