FC2ブログ

常に、仮説を立てて実験することで、時間短縮できる。(TVドラマ:弱くても勝てます)

 今、放映しているTVドラマ「弱くても勝てます」が意外と面白い。
主人公が監督を務める高校野球部は、頭は良いが、弱小野球部です。
その弱小野球部と強豪野球部の戦いを描いたドラマです。

その中で、出てきた言葉。(実際のセリフと違いますが)

「常に、仮説を立てて実験することで、時間短縮できる。」

強豪野球部は、練習量もずば抜けている。
その練習量があって、強豪となっている。

反面、弱小野球部は、勉強をしっかりしなければならないため、野球の練習時間は少ないです。
そのため、毎回の練習を実験としてやる。
自分で仮説を立てて、練習で実験してみる。
無駄な練習はしない。
質と量で勝負する。
これが、弱小野球部監督の作戦です。

これは、日常生活でも仕事でも大切なことだな~と感じました。
頭の良い人や、仕事できる人は、常に自分で仮説を立てていろんなことを実行していますね。




弱くても勝てます 







関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)