FC2ブログ

問題は感情抜きで、淡々と、パズルを解くように推理する。(マンガ:「デスノート」のニア)

マンガ「デスノート」に出てくる天才キャラで、ニアとメロがいます。
どちらも天才的な推理力がありますが、いつも、ニアの方が勝ちます。
2人には、決定的な違いがあります。

メロは感情的になりやすく、推理力が低下するのに対し、
ニアは感情は抜きで、淡々とパズルを解くように推理します。

人間関係では、感情は必要ですが、
問題解決などのときには、感情は推理力・判断力を鈍らせます。

現実世界でも、マンガ・ドラマのような世界でも、天才な推理力を持つ人は、
感情抜きで淡々としてます。

特に、試験なんかは当然、感情なんて関係ありません。
どんなに強い熱意を持って受験したとしても、点数が足りなければ、
コンピュータは非情にも「不合格」と出してきます。

昔々、cisco試験を受けた悲しい悔しい思い出が・・・・

マンガなんだけど、ニアの言っていることは難しすぎて、分からない時があります。
っていうか、作者が天才ですね。



※下記は、関連過去記事です。
【「ラッキーマン」から、「デスノート」へのギャップ力。(漫画家:がもうひろしさん)】
【天才は、韻を踏む。(漫画デスノート:「何のために?」「念のために。」)】
【常に、落としどころを考える。(マンガ:デスノート)】
5cy11a.blog.fc2.com/blog-entry-587.html


DEATH NOTE (デスノート) 全12巻&別冊 完結セット (ジャンプ・コミックス)DEATH NOTE (デスノート) 全12巻&別冊 完結セット (ジャンプ・コミックス)
()
小畑 健

商品詳細を見る
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)