FC2ブログ

【日本の都市伝説】天狗の正体は、イエス・キリスト。

青森にはいろいろミステリーな都市伝説があります。

 その中の1つに、 天狗の正体は、イエス・キリストだったという説があります。
 イエス・キリストは、イスラエルで処刑されたことが有名です。
 しかし、処刑されたのは弟で、イエスキリストは青森に逃れて106歳まで生きたそうです。
 青森に逃れた際、季節は夏で、
日焼けして赤くなっているイエスをみた当時の村人が
テンクウボ(天空母)と呼び、
それが派生して天狗(テング)になったとのことです。
 天狗は鼻が高く、顔が真っ赤という点から、納得できるところがあります。



実際、青森にはキリストの墓というのが存在し、毎年祭りで歌われる歌は、
 イスラエルで使われたヘブライ語と同じです。 
また、今は名前は変わりましたが、
青森には、戸来(ヘライ:ヘブライ)村というのが存在してました。 
まだ、キリストの墓には行ったことはありませんが、青森出身の人に色々聞くと、
 地元の人も半信半疑ですが、キリストの墓が観光スポットにもなっているそうです。 

更に不思議なことに、青森には、ピラミッドが存在するそうですが、
こちらはけっこう謎に包まれています。
青森に行ったときには、寄ってみようと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)