FC2ブログ

組織の5大原則

 日々の作業に没頭してしまい、会社全体のことは見えにくい場合があります。

でも、常に全体を見るような視点を持ちつつ仕事をすることが、自分のレベルアップにつながっていきます。
多くの人が組織に関わって仕事をしているので、組織、つまり会社全体を考えて日々の仕事をするのです。
そのきっかけとなる考え方が、「組織の5大原則」です。

■1. 分業化/専門化の原則
 分野・専門ごとに役割分担をし、専門分野を極めて価値を見出し、生産性を上げます。
 
■2. 権限・責任一致の原則
 少ない権限、責任重大のような、バランスが悪い状態にならないように、
 責任に見合うような権限を与える必要があります。
 
 
■3. 統率範囲の原則
 一人の上司が管理できる部下の数は限界があります。
 また、その上司の能力によっても、部下が5人までなのか、20人までなのかが変わってきます。
 なので、その上司の能力によって、適切な部下の数を配置する必要があります。

■4. 命令統一性の原則
 指揮命令者を複数ではなく、1人だけにします。
 また、エスカレーション先(報告先)も1人に絞ります。
 そうでないと、作業者が誰の指示に従い、エスカレーションすべきかが不明確になり、スムーズに仕事が進まないからです。

■5. 例外の原則
  経営者は「例外」な判断をするのが仕事です。
  ルール上のものは、部下に任せればいいのです。
  部下に任せることにより、次期経営者を育てられます。
  「例外」業務をすることで、新しいものを作り出せるのです。
  
  
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)