FC2ブログ

手を抜いたかどうか、人は分からないかもしれないが、生き方に出る。(石原仁司さん)

a1180_003093.jpg 

プロフェッショナル・仕事の流儀に、料理人「石原仁司さん」が出演されていました。
初めて見ましたが、いかにも日本人魂を持った方だと感じました。
「一座建立」
という言葉が何度かでました。

聞きなれない言葉ですが、
「お客様とお会いする、その一時のために、あらゆる工夫・努力をし、最高の状態でもてなす」という意味のようです。

正直、手を抜いたかどうかなんてわからないことが多くあります。
でも、「石原仁司さん」は手を抜いたかどうか、人は分からないかもしれないが、生き方に出る。と言います。

とても、印象的な人でした。
京都では、とても有名な料理人だそうです。
かなりの高級店のようですが、一回行ってみたいですね。
tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26002279/

下記は、「石原仁司さん」が載っていないですが、仕事を考えさせられるので、おススメです。



関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)