FC2ブログ

プロジェクトマネジメント

 ■作業期間を守る手法

 (1)クラッシング

   追加コストを投入する。つまり人を追加したり、残業を行うと
   いうやり方です。必ずしも悪い事ではない。

 (2)ファストトラッキング

   開発スコープ(作業範囲)を保ったまま、スケジュールを短縮させる
   方法の一つで、本来は順番に進めていくべきタスクを、先行タスク
   が完了する前に始める、つまり一部並行して実施するという事です。
   しかし間違うと自タスクや関連タスクに手戻りが発生する可能性もでます。
   その他には、作業スコープ(作業量)を減らすという事もある。


■相手のタイプによって、接し方を変える

①「サーバ」タイプ:従順、柔軟にやってくれる
 ⇒ 細々注意せず、仕事を任せる
②「ツール」タイプ:作業者なので、言ったことしかやらない
 ⇒ レポーティング形式やtodoを明示する
③「クライアント」タイプ:責任感はあるが、ベストを尽くすための環境を相手に求める
 ⇒ 相手の管理しやすいやり方を伝えてもらう

 
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)