~Enter by the narrow gate.~電気通信主任技術者/ライフハック

電気通信主任技術者試験/ライフハックサイト。また、日常生活/ビジネスで役立つ、日々の気づきをUP。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電気通信主任技術者-伝送交換★最強解説

電気通信主任技術者試験は、その幅広い試験範囲及び、教材が少ないため、難関資格とされています。
でも、幸いなことに電気通信主任技術者試験は、過去問からの出題率が非常に高いです。

しかし、、、、

過去問の問題集として、「問題」と「解答のみ」が掲載されているサイトは
あると思いますが、「どこが」「どう間違っているのか?」という「解説」に当たる部分は
ほとんど存在しません。

そのため、作成しました。
第3弾として、「伝送交換」。
法規ほど、ややこしくないので、説明はちょっと簡潔になってます。

H22-第1回
H22-第2回
H23-第1回
H23-第2回
H24-第1回
H24-第2回
H25-第1回
H25-第2回


本製品の最大の特徴は、下記のように問題に直接書込み、
「どこが」「どう間違っているか?」というのが、パッと見で瞬時に確認できることです。
学習される方は、社会人の方が多く、短時間で合格したいと思っていると思います。
なので、スピードを重視するには、下記のような方式がベストです。

(サンプル)
スクリーンショット_050514_100650_AM 
ルーティングプロトコル全般ディスタンスベクタ型ルーティングプロトコルRIP   
収束時間ディスタンスベクタ型の方が長い。   
クラスレスルーティングプロトコルサブネットマスク情報が含まれる。   
参考AS内はRIP,OSPF、AS間はBGPが使われる。   
BGP関連IGPsの型ディスタンスベクタ型、リンクステート型、ハイブリッド型  
EGPsAS単位でルーティングテーブルを設定できる。  
参考AS間接続はEGPsである。  
ルータ自身が有するリンクステート情報を交換するのはリンクステート型である。  
OSPF
(Open Shortest Path First)
 中~大規模NWに対応するため、NW全体をエリアという単位に分割し、バックボーンエリアで接続する2階層構造をとる。   
 エリア間を接続するルータは、エリア境界ルータと呼ばれ、エリア内で計算された経路情報を他のエリアに通知する。   
 他プロトコルの外部NWと接続するルータは、AS境界ルータと呼ばれ、経路の再配布を行っている。   
 NW状態をHelloパケットで監視している。   
関連記事

  1. 2016/05/04(水) 00:00:00|
  2. ■電気通信主任技術者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<死ぬ直前まで、自分の信念を曲げない。(映画:エンドオブキングダム) | ホーム | 電気通信主任技術者-専門能力(データ通信)★最強解説>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://5cy11a.blog.fc2.com/tb.php/776-7a3eef8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

New

電気通信主任技術者対策

 

Link

このブログをリンクに追加する

Category

未分類 (57)
★資格取得目的の方へ (1)
■ベンダ資格 (57)
■電気通信主任技術者 (167)
■ITメモ (60)
IT/ビジネス 全般 (34)
ネットワーク (2)
サーバ (23)
インフラ/その他 (0)
■モノの考え方 (58)
モチベーションの高め方 (17)
スピードアップ (13)
説明/情報整理術 (9)
問題解決の仕方 (2)
■趣味 (324)
日々の気づき (147)
健康増進/ダイエット (32)
動画/映画の名言 (51)
本の名言 (14)
音楽の名言 (18)
スポット (20)
こだわりグッズ (16)
映画日記 (13)
読書日記 (12)
■中国語 (3)

RSS Link

FC2-Counter (Since 2013/8)

冬オススメアイテム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。