FC2ブログ

【DBServer】SQL*Plus 起動手順

ここでは、クライアント端末からDBサーバに対して、

ポピュラーなSQL*PLUSで接続する手順を紹介します。


■SQL*Plus 起動手順
【1. ローカルでサーバのdatabaseに接続する場合】
操作機器項番操作内容操作・コマンド備考
接続先サーバ1linuxログイン後、端末エミュレータ(GNOME等)起動  
2ユーザ「oracle」に切り替えsu - oracle 
3DBスクリプトがあるディレクトリへ移動cd $ORACLE_HOME/bin 
4カレントディレクトリが「/opt/oracle/bin」であることを確認pwd 
5databaseの起動./dbstart 
6リスナー起動./LSNRCTL startリスナー起動:LSNRCTL start
リスナー停止:LSNRCTL stop
リスナー状態確認:LSNRCTL status
7SQL*Plusでデータベースに接続./slqplus user/pass@ネットサービス名sqlplus user/pass@ネットサービス名
※OSのID・パスワードではなく、Oracle上のID・パスワードを入力
8selectコマンド等で出力確認-例)
select tname from tab where tabletype='TABLE';
【2. リモートのクライアント端末から、サーバのdatabaseに接続する場合】
操作機器項番操作内容操作・コマンド備考
接続先サーバ1接続先サーバのdatabaseとリスナーが起動していない場合は起動する【1】の手順の「1」~「6」 
クライアント端末2管理者権限でコマンドプロンプトを起動 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」上で右クリック→「管理者として実行」

※また、SQL*Plusはoracle databaseの付属ツールになるため、クライアント端末にoracle database clientソフト等がインストールされていることが前提となります。
3SQL*Plusでデータベースに接続./slqplus user/pass@IPアドレス:ポート番号/ネットサービス名./slqplus user/pass@host[:port][/service name]
※OSのID・パスワードではなく、Oracle上のID・パスワードを入力
SQL*Plusのポート番号は通常は1521番。
4selectコマンド等で出力確認-例)
select tname from tab where tabletype='TABLE';


関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)