FC2ブログ

【VMware】仮想マシンの作成方法

WindowsやLinuxの仮想マシンを作成する際は、事前にOSをインストールする
「箱」を作成する方法があります。
ここでは、その方法を紹介します。

まず、事前に、VMwareのバージョンをvSphereクライアントの「ヘルプ」より確認します。

「ホーム」→「インベントリ」→左画面のツリートップをクリック。
右画面の「はじめに」→「新規仮想マシンの作成」をクリック。

「カスタム」→「次へ」をクリック。

「名前」」を任意で入力し、「次へ」をクリック。

「datastore」を選択し、「次へ」をクリック。
※「datastore」の選択は、どのストレージを使用するかの選択。

「仮想マシンのバージョン」を選択し、「次へ」をクリック。


ゲストOSの種類を選択し、バージョンを選択し、「次へ」をクリック。


CPUを選択し、「次へ」をクリック。


「メモリサイズ」を選択し、「次へ」をクリック。


「NIC」の数、ネットワークの種類を選択し、「次へ」をクリック。
SCSIコントローラを選択し、「次へ」をクリック。
※通常は、LSI Logicパラレルを選択。

ディスクサイズを選択し、プロビジョニングを選択し、「次へ」をクリック。
※Thin provision を選択すると、全体としては、実行ディスク容量しかカウントしないので、全体のディスクを節約可能です。
 下記だったら、40GBを占有させず、実行上は10GBしか私用して無ければ、全体として10GB使用しているとカウントされます。

「仮想デバイスノード」を確認し、「次へ」をクリック。

設定内容を確認し、「終了」をクリック。



仮想マシン作成完了後、左画面に表示されます。
作成完了後も、仮想マシンの名前を修正することができます。
作成した仮想マシンを選択し、右クリックし、「設定の編集」をクリック。



「オプション」タブにて、「仮想マシン名」を編集し、「OK」をクリック。

 
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)