~Enter by the narrow gate.~電気通信主任技術者/ライフハック

電気通信主任技術者試験/ライフハックサイト。また、日常生活/ビジネスで役立つ、日々の気づきをUP。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【VMware】仮想マシンの作成方法

WindowsやLinuxの仮想マシンを作成する際は、事前にOSをインストールする
「箱」を作成する方法があります。
ここでは、その方法を紹介します。

まず、事前に、VMwareのバージョンをvSphereクライアントの「ヘルプ」より確認します。

「ホーム」→「インベントリ」→左画面のツリートップをクリック。
右画面の「はじめに」→「新規仮想マシンの作成」をクリック。

「カスタム」→「次へ」をクリック。

「名前」」を任意で入力し、「次へ」をクリック。

「datastore」を選択し、「次へ」をクリック。
※「datastore」の選択は、どのストレージを使用するかの選択。

「仮想マシンのバージョン」を選択し、「次へ」をクリック。


ゲストOSの種類を選択し、バージョンを選択し、「次へ」をクリック。


CPUを選択し、「次へ」をクリック。


「メモリサイズ」を選択し、「次へ」をクリック。


「NIC」の数、ネットワークの種類を選択し、「次へ」をクリック。
SCSIコントローラを選択し、「次へ」をクリック。
※通常は、LSI Logicパラレルを選択。

ディスクサイズを選択し、プロビジョニングを選択し、「次へ」をクリック。
※Thin provision を選択すると、全体としては、実行ディスク容量しかカウントしないので、全体のディスクを節約可能です。
 下記だったら、40GBを占有させず、実行上は10GBしか私用して無ければ、全体として10GB使用しているとカウントされます。

「仮想デバイスノード」を確認し、「次へ」をクリック。

設定内容を確認し、「終了」をクリック。



仮想マシン作成完了後、左画面に表示されます。
作成完了後も、仮想マシンの名前を修正することができます。
作成した仮想マシンを選択し、右クリックし、「設定の編集」をクリック。



「オプション」タブにて、「仮想マシン名」を編集し、「OK」をクリック。

 
関連記事

  1. 2016/10/09(日) 00:00:00|
  2. サーバ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【VMware】OSインストール前のISOイメージをESXi に格納する方法 | ホーム | 【VMware】 vSphereでESXi への接続方法、ユーザ作成方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://5cy11a.blog.fc2.com/tb.php/797-5b8e8a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

New

電気通信主任技術者対策

 

Link

このブログをリンクに追加する

Category

未分類 (57)
★資格取得目的の方へ (1)
■ベンダ資格 (57)
■電気通信主任技術者 (167)
■ITメモ (60)
IT/ビジネス 全般 (34)
ネットワーク (2)
サーバ (23)
インフラ/その他 (0)
■モノの考え方 (58)
モチベーションの高め方 (17)
スピードアップ (13)
説明/情報整理術 (9)
問題解決の仕方 (2)
■趣味 (325)
日々の気づき (148)
健康増進/ダイエット (32)
動画/映画の名言 (51)
本の名言 (14)
音楽の名言 (18)
スポット (20)
こだわりグッズ (16)
映画日記 (13)
読書日記 (12)
■中国語 (3)

RSS Link

FC2-Counter (Since 2013/8)

冬オススメアイテム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。