FC2ブログ

【地球の神秘】全球凍結が人類を生み出した。


約6億年前に、地球に大型生物が登場するようになりました。
それまでは、微生物だけでした。
40億年くらいはずっと微生物だけだったのに、なぜ急に大型生物が現れたのでしょうか。

そこには、全球凍結が原因とされています。
全球凍結とは、地球全体が北極・南極のように全て氷の世界になることです。
ストーリーは、こんな感じです↓
ただ、全球凍結の原因は、しっかり解明されていません。


①6億年前は、メタン菌がたくさん発生していた。
 (メタン菌によるメタンガスは、二酸化炭素の20倍くらいの温室効果がある)

②メタン菌は、水と化学反応を起こし、二酸化炭素になるが、
 メタンガスより二酸化炭素の方が温室効果が弱いので、地球が冷え、
 全球凍結となります。
 (熱帯地方も氷となります)

③氷によって、地球全体に蓋をされ、マグマが外に出ず、
 内部にエネルギーを貯めていきます。

④地球内部にエネルギーが溜まりすぎ、とてつもない大噴火が発生しますが、
 地球全体に蓋がされているので、噴火による二酸化炭素は、海水に溶けず、
 地球全体に二酸化炭素がものすごく溜まっていきます。
 その大量の二酸化炭素によって、地球全体の氷が溶けていきます。

⑤海水の下にいた光合成生物は、大量の太陽の光を浴び、大量の酸素を放出します。
 (光合成は、二酸化炭素から酸素に変える性質がある)

⑥酸素を餌としている生物が必要以上の酸素を取り入れ、
 コラーゲンとして体の中に溜めていきます。
 このコラーゲンが、大型生物のきっかけです!
 (化粧品でも出てくるコラーゲンです)


こんな壮大なストーリーによって、大型生物は生まれて、人類ができたのです。
全球凍結がなかったら、人類はいかなったってことですね。


関連記事

コメント

非公開コメント

FC2-Counter (Since 2013/8)